高松キワニスクラブは、1975年8月30日、全国で9番目のクラブとして設立されました。
「みんなで集まろう」を合言葉に、香川県内の官民各界から約100名が会員として活動しています。

会長あいさつ
会長あいさつ

 今から約100年前、1915年1月21日、デトロイトにおいてキワニスクラブは誕生しました。我々にとって、余り馴染みのない「キワニス」という言葉は、デトロイト周辺の原住民の言葉「NUN-Kee-Wan-is」(皆、一緒に集う)に由来しています。
 キワニスクラブは、ロータリークラブ、ライオンズクラブに並ぶ、世界三大奉仕団体の一つで、今では世界96ヵ国に約8000のクラブがあり、会員数は約28万人を数える規模になっております。日本では1964年の東京クラブの設立に始まり、現在では36クラブ、2000人を超える会員が参加しています。
 高松キワニスクラブは、1975年に全国で9番目のクラブとして設立され、現在111名の会員が種々の奉仕活動に参画しております。
 キワニスの活動の根幹は、「Young Children Priority One」(まず子供たちを第一に考えよう)にあります。このスローガンの下に、我々高松キワニスクラブの奉仕活動の幾つかを以下にご紹介いたします。
 
・子供たちのボランティア活動を啓発、支援するために、「少年ボランティア発表会の主催」
・病気の子供たちを勇気づけるために、「キワニスドールの製作と寄贈」
・子供たちへの虐待を撲滅するために、「大型商業施設において、児童虐待防止のリーフレット配布等の啓蒙活動」
・「子供たちのために」活動するユース・クラブを組成、支援することによって、「ボランティア活動に賛同する青少年の人材育成活動」
・長年にわたり、社会奉仕の分野で献身的な活動をされている人材を見出し、その功績を称えるために、「社会公益賞の贈呈」
 
以上、高松キワニスクラブの活動の一端をご紹介いたしました。
皆さん、我々と一緒に、キワニスクラブが提唱するところの「Serving the Children of the World」(世界の子供たちに奉仕しよう)を実体験してみませんか。我々高松キワニスクラブは、皆様方の参加を何時でもお待ちいたしております。

概要
クラブ名 高松キワニスクラブ
設立 1975年8月30日
会員数 111名
会長 小竹和夫
例会日 毎月 第1・3木曜日
例会場 JRホテルクレメント高松
事務局 〒760-0027
 高松市紺屋町4-10 鹿島紺屋町ビル2階
 TEL:087-851-5533/FAX:087-823-6105
 E-Mail:t-kiwa@mb.pikara.ne.jp
活動内容

 ■ 少年少女の各種活動の支援(少年ボランティア発表会の主催等)
 ■ 病気の子ども達を勇気づける「キワニスドール」の寄贈
 ■ 社会の公益の奉仕に献身された人への「社会公益賞」の贈呈
 ■ 世界各国の大規模災害への義損金の提供
 ■ 貧困と虐待に対する子ども食堂への支援及び児童虐待防止活動への参画
 ■ ボランティアを行う次世代を担う青少年への人材育成に向けての支援

ページTOPへ戻る