キワニスとは
キワニスとは

キワニスクラブは、1915年1月21日に、米国ミシガン州デトロイト市に設立された民間の社会奉仕団体です。ロータリークラブやライオンズクラブと並び称される世界三大奉仕団体の1つで、一人で成し得ないことをグループで達成し、自分の地域を良くしようとする人々の集まりです。 その活動は世界的で、現在90か国に8,000のクラブが設立されており、約26万人の会員がいます。

キワニスの使命

世界の子供たちに奉仕します。

キワニスのモットー

“WE BUILD”(我々は、建設する)

キワニスの名称

キワニスの名称は、デトロイト周辺に住んでいたアメリカ先住民の言葉、
Nun-Kee-wan-is (みんないっしょに集まる)に由来しています。

クラブの目的
  • 人生の物質的価値より、むしろ人道的、精神的価値を重くみること。
  • すべての人間関係において、黄金律(聖・マタイ伝−すべての人にせられんと思うことは、人にもまたその如くせよ)に従う日常生活を奨励すること。
  • 社会生活、実業界、専門職域に、より高度な水準を採択し、適用するように推進すること。
  • 教訓・実例によって、知的、進取的、奉仕的市民性を開発すること。
  • キワニスクラブを通じて、恒久的な友情を形成し、愛他的奉仕を実行し、より良き社会を建設するための実際的な手段を提供すること。
  • 公正、正義、愛国心、善意などを増進させることができる健全な世論と、高い理想主義を創造し、維持するよう協力すること。

事業内容

従来キワニスクラブの活動は米国とカナダの2国に限定されていましたが、1962年の年次総会で、キワニスのよさを世界の人々と分かち合おうという願いから「世界各国に支部を設立する」という決議案が採択されました。
極東地域ではまず、日本に設立することになり、1964年1月24日、東京に第1番目のクラブが誕生。次いで、名古屋、大阪、広島、神戸、仙台、札幌、横浜、高松、福岡と、日本の主要10都市にキワニスクラブが設立されました。
そして、1977年10月1日をもって、キワニス「日本地区」が設置されることとなり、世界で43の地区組織の1つとなり、現在ではクラブ数28、会員総数は約1,600名となっています。

キワニス日本地区の主な活動
  • 世界に10億人いると言われているヨード欠乏症患者を救う「ヨード欠乏症撲滅活動」
  • 伝統工芸の保持発展に尽くした人に贈られる「日本キワニス文化賞」の選考と贈呈
  • 死や危険を顧みず、奉仕をする人を讃える「国際キワニス基金英雄賞」受賞者の選考
  • 地震・災害などへの募金活動
  • キワニスドール活動
  • キワニス社会公益賞の選考と贈呈
ページTOPへ戻る