温泉のご紹介

   

<基本情報>

【温 泉】 41.4℃
【湧出量】 90ℓ/分
【泉 質】 単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉)
【適応症】 神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器症、冷え性など

お風呂は半月交代となっております
 1日~15日
 <うみがめの湯>が男風呂、<さざなみの湯>が女風呂
 16日~末日
 <うみがめの湯>が女風呂、<さざなみの湯>が男風呂


   
【さざなみの湯】
日本三景の一つ宮城の松島と同じくらいと称される阿波の松島、橘湾の穏やかなさざ波をイメージした造りになっています

設備
大浴場、露天風呂、打たせ湯、サウナ、水風呂


   
【うみがめの湯】
蒲生田岬の砂浜に上陸するアカウミガメをイメージして造っており、ユニークな形の露天風呂があります

設備
大浴場、露天風呂、打たせ湯、サウナ、水風呂


   
【ふれあいの湯】(健康福祉風呂)
通常の入浴料以外に1時間2,000円(5名まで)の別途料金が必要となる貸切風呂で、車椅子のまま浴場まで移動することができ、また家族風呂としてもご利用いただけます
隣接する「小研修室」(和室8畳)もあわせてご利用いただけます
※予約制となっておりますので、事前にお問い合わせください

設備
内風呂、露天風呂、小研修室


<設立の趣旨>

温泉保養施設と豊かな自然の中で、人と人との交流を促進し、市民の福祉の向上及び健康の増進を図り、健全なレクレーションの寄与することを目的として、阿南市が平成13年7月26日に船瀬温泉をオープンさせました。
平成23年に10周年を迎えたことを契機とし、温泉保養施設と蒲生田岬を一体的にPRし、この地域一帯の振興を図ることを目的として、同年11月1日より「かもだ岬温泉」に名称を変更しました。


<温泉について>

室戸阿南海岸国定公園の中でも絶景の蒲生田岬。そのふもとに位置し、温泉からの眺めは全国の秘湯を訪れた旅人も「こんな素晴しい景色があったのか」と感動を覚えることは間違いありません。

国道55号線から『蒲生田岬』と『かもだ岬温泉』の道路標識を目標に車で約20分の道のりを旅してくると到着します。
そこには、秘湯という銘にふさわしい眺望が待ち受けており、眼前には歴史を感じさせる椿泊の港が広がっています。
古くは紀貫之の土佐日記にも登場する港町で、江戸時代から明治時代までは阿波水軍総帥森甚五兵衛の拠点として栄えました。そんなロマンを感じさせる椿泊の松鶴城跡や、菩提寺である福蔵寺が見え、遠くは紀伊水道を挟んで淡路島を望むことができます。
また、秋のよく晴れた日には鳴門大橋を眺めることも可能です。

そんな景色を眺めながら入る温泉は、弱アルカリ性で、地下1600mから41.4℃のお湯が湧き出し、臭いもなく、肌ざわりは柔らかくて気持ちが良いものです。一度入浴すると何度でも入りたくなるのが、天然温泉「かもだ岬温泉」なのです。

当温泉は毎晩お湯を抜き、浴場清掃しております。

施設内設備


【ロビー】
絶景を眺めながら、ソファでゆったりとお過ごしください


【貴重品ロッカー】
脱衣所はカゴしかありませんので、貴重品はこちらにお預けください


【手荷物ロッカー】
大きな荷物は浴場前のこちらのロッカーへどうぞ(100円コインリターン式)


【脱衣所】
荷物かご、洗面台、冷水器、体重計、ドライヤー、ベビーベッドがございます


【大研修室】
お風呂上がりには広々としたこちらの部屋でゆっくりとお寛ぎください


【マッサージチェア】
チェアとフットマッサージャーが各2台ずつございます(10分100円)


【新聞・雑誌】
徳島新聞、スポーツニッポン、産經新聞の3紙と各種雑誌をご自由にお読みください


【売店】
阿南市の物産品やアイスクリーム、定番のコーヒー牛乳もありますよ♪


【無料Wi-Fi】
館内では「Tokushima Free Wi-Fi」をご利用いただけます(メールアドレス必要)


【車椅子・シルバーカー】
玄関に置いてありますので、ご自由にお使いください(各2台)


【無料レンタルサイクル】
※現在休止中



【記念スタンプ】
四国最東端へお越しの記念にどうぞ(受付にてお声がけください)