ロープウェイは、乗車定員32名の交走式で、また1本のローブを片線2条となるよう架線するDLM(Double Loop Mono-cable)方式と、ロープ間隔をキャビンより広くしたフニテル方式をあわせて採用しています。(日本初)

 これらのシステムは、風に対する安定性が高く、運休率の低減を図ることができることや、従来の交走式に比べ、機構の簡素化により、建設およびメンテナンスコストの削減ができるなど数々の特長を兼ね備えています。

〒778-0020
徳島県三好市池田町
    州津藤ノ井559番地14
TEL.(0883)72-0818
FAX.(0883)72-5927
箸蔵山ロープウェイ仕様
索道の形式 複式単線交走式普通索道(DLM)
線路水平長 約876m
線路傾斜長 約948m
起終点高低差 約342m
定員 32名
運転速度 5.0m/s
所要時間 約4分
安全報告書2017年(PDF:71KB)

前年までの安全報告書

PDFを見るためには「Adobe Reader」が必要です。
ダウンロードは下記からどうぞ。

Adobe Readerのダウンロード
top
料金・運行時刻
関連リンク
アクセス

箸蔵山ロープウェイの歴史は

こちらへ